グルメ

優しい味のカフェ風ナシチャンプル店 Bucu(ブチュ)/ウマラス

最近話題のオシャレな雰囲気のインドネシア料理店

ナシゴレン、ミゴレンと並ぶインドネシア料理の代表格のひとつでもあるナシチャンプルはもうご存知ですよね。お店によってはおかずも決まっていて、座ったら飲み物だけを尋ねられる所やおかずやご飯の種類を選べる所などと色々。

最近オシャレな雰囲気を出しているナシチャンプル店も多くできていて以前より観光客でも入りやすくなってきています。その中の一店、スミニャックやクロボカンより北、チャングーより若干南に位置するウマラスという閑静なヴィラ住宅地の一角にある「Buce(ブチュ)」を今回はご紹介しましょう。

Bucu(ブチュ) 店内

緑に囲まれ、外光がたっぷり入る半屋外の席。ウマラス周辺に在住している欧米人やインドネシア人もよく見かけます。

Bucu(ブチュ) ナシチャンプルのショーケース

屋内にはナシチャンプルのショーケースがあります。
その隣にはパンやケーキなども。軽く済ませたい人は多種に渡るパンやベイクドケーキとコーヒーというのもありですね。

Bucu(ブチュ) オーダー

ナシチャンプルを食べたい人はまずココで、店内で食べるかお持ち帰りかを伝え、ご飯を選びます。
こちらでは普通の白いご飯と赤米、ナシクニン(ココナッツミルクとターメリックで炊いたご飯)、それにナシバカールと言うバナナの葉で蒸し焼きにしたご飯にマッシュルームやその他野菜が入ったごはんから選べるです。
それからショーケースの中のおかずを指差し注文。

Bucu(ブチュ) ナシバカール

見た目は悪いですがこれがこれがナシバカールです。
それにブロッコリーやニンジンをソテーしたものとコーン、アヤムサンバルマタに選べるサンバルも乗せてもらい、これでRp.60,000でした。

Bucu(ブチュ) ナシバカールの中身

これがナシバカールの中身。品名が「Nasi bakar veggie」とあるようにお肉類は入っていませんが、簡単に味付けがされていて味わい深く、ちょっとした炊き込みご飯感覚です。

Bucu(ブチュ) サンバルマベ

一般的には「サンバルゴレン」と呼ばれている「サンバルマベ」。ニンニクや唐辛子、シャロットなどを揚げたサンバルで香ばしさが食欲を増進させてくれます。これはひと盛りRp.5,000と有料ですが、無料で自分で盛ることができるサンバルも3種類あります。

Bucu(ブチュ) 店内-2

ウマラスの大きな一軒家を改装したかのような店内。天井が高く室内でも開放感ばっちりです。右方向のドアから階段を下ると子供が遊べる小さなガーデンもあります。
ユニークな事に同じ敷地内にはバーバー(床屋さん)もあるんですよ。

Bucu(ブチュ) ナシクニン

手前のひと皿でRp.40,000。中央の色鮮やかな黄色いのがナシクニンです。どのおかずもインドネシア料理にしては優しい味付けなので、数品のおかずをひと皿に盛ってもらってもおかず同士が喧嘩することなく美味しく最後まで頂けます。
それに、一品の盛り具合が日本人女性に丁度良いボリュームなので数品選べるのも嬉しい限りなんです。

Bucu(ブチュ) 店員さん

おかずを選んでいる時に店員さんが何を盛ったか見ていてくれるので、食べ終わったらお会計の場所に行くだけで支払いができます。

ナシチャンプルやパン、ケーキの他にオールディブレックファストもやっているのでランチタイムにエッグベネディクトやフレンチトーストもありですよ。

ファミリー経営の居心地も良いナシチャンプルのお店「ブチュ」。是非是非お試しを。

Bucu(ブチュ) プレート

-グルメ
-, , , , , , , , ,